無料保険相談はしつこい勧誘がある?営業を上手にかわす方法 - 妊娠出産をただただ記録するブログ

無料保険相談はしつこい勧誘がある?営業を上手にかわす方法

無料保険相談を受けて、10万円も得したという記事からの続きです。

私はこういう保険相談を妊婦のあいだに多数利用したのですが、

「すごい売り込みがあって大変なのかな?」というのが、申込む前に少し心配だったことでした。


しつこい勧誘はなかった


学資保険選びのスケジュール公開!」でも書いているとおり
私は10人以上のFP(ファイナンシャルプランナー)さんと

保険の相談をしたのですが、しつこい勧誘は一度もありませんでした。

当日は、売り込むというよりも、わが家の家計状況をヒアリングするのが主という雰囲気でしたし

保険相談後も、「検討の状況はいかがですか?」と1、2度電話やメールが来る程度。

拍子抜けするぐらい、営業っぽさがありませんでした。


激しい売り込みって・・・私の意見


私の保険相談の経験からは、激しい売り込みがあるとはまったく思えないのですが

もし、「激しく勧誘された」と感じる方がおられるとすれば、失礼ですが、相談を受けた人のほうにも原因があるのでは?と個人的に思います。


営業経験ある方には賛成していただけるかなと思うんですが
激しい営業をかけられがちなのは、店員から見て「あと一押しで買いそう」っていうお客さんですよね。

私は家電量販店で販売のアルバイトをしたことがあるので、ものすごく心当たりがあります(笑)

「これ買おうかな?」という顔で商品を見ているけど、あと一歩が踏み出せないお客さんを見つけたら、オススメして、オススメして、その商品を買っていただきます。

いっぽう、「まったく買う気がないけど、商品を見に来てみた」というお客さんには、そんな接客をすると逃げられてしまいますよね。

そういうお客さんには、まずは買う気が起きるように、新商品の便利さや、商品の選び方なんかをゆるく説明して、再来店につなげるよう、最大限感じよく(笑)接客します。


こちらの立ち位置を知らせることが重要


だから、保険相談の場合も同じで、こちらの立ち位置をきちんとFPさんに知らせたら、引いちゃうような営業って、多分ないと思うんですよね・・・。

「まだ学資保険について考え始めたばかり」とか
「保険のことは分かってきたので、色々比較したい」とか
「ほぼ加入する保険は決めたけど、最後に迷っている」とか・・・。

分かりやすく立ち位置を話した上で相談するといいと思います。

私の場合は「○月までに学資保険に入ると思うけど、保険の知識がないので、いろいろ教えてください」といった感じで保険相談をお願いしました。

その結果、すごく納得して学資保険を選ぶことができました。
»私の選んだ学資保険を公開!


保険は、選ぶのも加入するのも、けっこう時間がかかります。
妊娠中期には加入できるよう、早めに動かれるのがオススメです!

私が体験した保険相談をまとめています。
↓   ↓   ↓
»無料保険相談の選び方~保険相談サイトランキング~

スポンサードリンク



コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトはリンクフリーです。広告掲載のご依頼はこちら。記事の転載転用をご希望の場合はこちらよりご相談ください。 
Copyright © 妊娠出産をただただ記録するブログ All Rights Reserved.